ブログ

2018.11.20

指導内容のバージョンアップを

FROM 笠井伸春

o3264244814070956208

先日、30代前半の講師希望の男性が
面接を申し込まれました。

「高校入試対策には絶対の自信があります!」

おー、そうなんですね
と内心期待が高まりました。

優秀な人材かと。

でも、、、

最近の入試傾向や
指導方法について
その方の話を聞くうちに

ちょっとがっかり。

国語は指導できないとか、
(国語はすべての教科に影響する)

理数科目も表面的なやり方の説明しかできないようで
なぜ、そうなるかが大事だと気がついていないようで、、、
うちの求めている方針とは合わない感じでした。

 

でも、そのとき
恥ずかしい気持ちが出てきました。

ああ、僕もそうだったかもしれない、と。

10年前の自分の教え方を
思い出すと、今と比べて未熟でした。
今だったらああいう風には教えてない、、、

そのまた10年前はかなり未熟でした。
あのときの生徒にはもっとこうやって導くべきだった、と。

教えている生徒の1人でも
自分のやり方にはまって成績が上がると

よし、これでいいんだ、OKと思い込む。
改善するべきことがないように錯覚してしまう。

現実はそんなわけはないですね。

 

1人ひとり性格や特性が違うし、
自分も全然まだまだ改善できることあるし、

時代の求められるものも
どんどん変わってきています。

理念はほとんど変わりませんが、
やり方は常に変え続けないといけないですね。

使うツールのバージョンアップ
講師マニュアルの改善
勉強会の質の向上
コミュニケーションの改善
・・・

謙虚な気持ちを忘れずに
少しずつでもサポートの質を上げていきたいと思います。

 

笠井伸春

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る