ブログ

2018.10.15

Stay Positive 本当のプラス思考

FROM 笠井伸春

o0640048014282119936

最近、担当するようになった中学2年生。
この前、中間テストでした。

結果が返ってきました。

予想より悪く、
家庭教師の先生に会いづらい様子
とのこと・・・

 

結果がすべて、という価値観がありますが、
それはある程度の年代になってからの話でしょう。

中高生は伸びしろだらけ。
結果は僕はまったく気にしません。

気にしたいのは行動の方です。

 

いつも思うのは
どう転んでもプラス思考であってほしい、ということ。

ただ、よく勘違いしやすいのが
「まあ次があるからいいや」という考え。
これはプラス思考ではなくて楽天的思考。

じゃなくて
見たくない答案用紙だとしても
開いて見てみましょう。
思ったよりもどこがどうできていなかったのかを。

そして、
何が足りなかったのか、
どうすればよかったのか、
改善できるポイントは?

この思考ができれば、
次から学習の質と量が改善されるでしょう。

 

転んでもただで起きないのが
本当のプラス思考、なんですね。

結論をできない、にしていませんか?

「このままでは無理ですよね」とか
「がんばったのにダメだった」とか

それでは結論を「できないもの」と設定しているので
行動もしなくなり、本当にできない確率が上がるだけ。

結論をできる、にしていれば
行動するので、必ず成長できます。

現実的には志望校に合格するかは誰にもわかりません。

でも、行動を続ければ
確実にできる確率は上がっていきます。

しかも、結果にかかわらず、
がんばった努力は自己成長として残ります。

受験勉強がんばった人は
社会人になっても努力できる人が多いです。

 

さて、彼は中1からの復習と
学習方法を身につけることが必要なので
今の内容に追いつくには
まだ少し時間がかかります。

幸い、3年に上がるまで時間があるので
充分間に合いますよ。

(以前、中3春になってから
1から復習をはじめたケースでは
実際に順位と得点が伸びたのが11月でした)

勉強に近道はないけど、
正しい道はあります。

あとは進むだけ。

途中で息切れしないペースで
自分の学習スタイルを身につけられるように
サポートしたいと思います。

 

笠井伸春

追伸
週1、2回が多い家庭教師。
学習時間の合計は、
残りの時間をどう過ごすか。

そこをフォローする中学生向けのしくみを
今作っていることころです。
オアシス会員には
近日中に案内する予定です。

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る