ブログ

2018.09.27

友人の家具屋さんでの話

FROM 笠井伸春

o1524100814270082682

ある用事があって
友人のやっている家具屋さんに行ってきました。

友人は接客中で話ができなかったんですが、
安物は扱わないお店です。

どんな家具があるのかな、と気になって
うろうろしていると
スタッフの方と雑談に。

お店や家具の話になりました。

このイスは職人技でこうできています
あのテーブルは中国製の安いものとはここが違うんです
・・・

へー、そういう違いがあるのか、と
いろいろと興味深かったんですが、

一番心に残ったのは・・・

「この素敵な空間で
家族団らん、心地よく
笑顔で過ごしてほしいんです」

というスタッフの方の情熱。

仕事をする上で一番大事なのは
この商品やサービスで相手に
良くなってほしい、という気持ちなんだな、と。

素敵な家具屋さんでした。

 

学習指導も同じことが言えるかと。

ちょっと前に
ある塾の教室長と講師とのやりとりを聞きました。
(どこの塾とは言えないですが全国にある塾です)

教室長
「授業の準備はぬかりなくお願いね」

あるバイト講師
「やってもいいですけど、それって、時給もらえますか?」

・・・

 

生徒を伸ばしてやろうという情熱があれば
出てこない言葉だと思いますがどうでしょう?

言い過ぎるとブラックだと
言われる時代ではありますが、、、

時間だけ教えて
時給だけもらえればいい、という人には
教えてもらいたくないですよね?

家庭教師だと
ネットだけで登録できる、
みたいなところも多いですが、

うちではひとり一人
リアルに面接しています。
(他の業界では当たり前なんですが・・・)

 

見るのは、能力と情熱。

この能力というのは、
自分が優秀なだけではなく
相手を伸ばす力のこと。

情熱というのは
なんとか伸びるように
支えたい、という数字にできない想い。

この両輪がある講師を
高く評価しています。

あなたのお子さんには
勉強のサポートをしてくれる人がいますか?
その方には能力と情熱の両方がありますか?

 

笠井伸春

追伸
冒頭の素敵な家具屋さんは
丸岡の「仲村家具」さんです。
本物の家具を探している方におすすめです。

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る