ブログ

2018.07.11

大学受験で逆転した戦友たち

FROM 笠井伸春

o1440106214225986435

高校の同窓会がありました。

友人のN氏もスピーチ。
彼の働きかけもあって
26年ぶりに会う同級生も多かった。

高校のあのとき、
実はこうだった、みたいな話で
盛り上がりました。

この年になると
みんな出世してますね。

医学部を目指していた旧友は
今は観光会社の社長になっていたり、

上場企業の重役だったり、
役所の上役になっていたり、と。

僕ら親世代の高校入試のときは
藤島・高志を選べなかったんですよ。
「学校群」という入試のやり方でした。

で、僕らは、その不合格組。
o1436104414225986423

                   大学受験で逆転した戦友たち

 

劣等感、なにくそという気持ち、
そんな思いの中にいた仲間だったんやね、
同窓会ではそんな話も出てきました。

クラスメイトの多くは
国公立大学や難関私大に進み、
今はいい人生を送っている顔をしていました。

心の角がないというか、
穏やかな雰囲気。

やはり、人間、挫折を経験していると
相手の気持ちを考えられるようになるんじゃないかと。

 

この前、
すばらしい学歴・経歴を持つ、
ある塾の講師がこんなことを言っていました。

「いくら教えても理解できない、
あの生徒は学習障害なんじゃないですかね、
何でわからないのかわからない」と。
相談ではなく、ぼやき。

おいおい、
わかるように教えるのがあなたの仕事でしょ、
と心の中で突っ込みましたが、、、

いけてる方だと聞いていただけにがっかりです。
オアシスだったら不採用です。

いくらエリートで学歴がよくても、
生徒の立場になれないなら
講師としては優秀とは言えないですね。
いや、講師としてだけじゃなくて社会人としても。

 

もちろん、
志望校合格を一つのゴールとして
がんばるわけですが、

そこで成功しても失敗しても
どんな経験をして何を得るかが
その後の人生を分けるんですね。

関わる生徒には
それが意味のある努力になるように
サポートしていきたいと思います。

 

笠井伸春

家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

LINEからもメッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る