ブログ

2015.01.21

「日々の努力は、成功する根拠をつくっている」

笠井伸春
笠井です。

「日々の努力は、成功する根拠をつくっている」
成功曲線を描こう(石原明著)より

勉強、がんばっていますか?

家庭教師をはじめたり、塾に通ったり、
勉強の時間を増やしたりすると、
「すぐに大きな結果が出る」と思いがち。

ところが、すぐに点数が伸びないため不安になり
1,2ヶ月であきらめてしまうケースがあります。

それってもったいない・・・

努力と成果の関係は次の図のようになると言われてます。
スクリーンショット 2015-01-21 10.00.54

勉強にかぎらず何でもそうですが、
実力がつくにはそれなりの時間がかかります。
しかも、あまり成果を実感できない期間があるのが普通。

「50点上がった」「100点上がった」という事例はいくつもありますが、
それには短くても3ヶ月くらいかかっています。

その不安な期間もやり続けよう。それを乗り切れば
すごく大きな伸びが待っているから。

はじめからこのことを知っていれば、
なかなか点数が伸びない時期も
「ああ、きたきた、この期間だな」
と思えるので、あきらめないで行動を継続しやすくなりますね。

笠井

PS.
すぐに成果を実感できる場合もあります。
それは定期試験の試験範囲の狭い社会など。
範囲を絞って集中してやればすぐに点数に結びつくので、
自信をつけさせてあげたい時にいいですね。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る