ブログ

2018.03.08

中学英語、定期テストはいいけど確認テストになるとできません

FROM 笠井伸春

o1404101214143691002

ある生徒が
高1で英検2級合格しました。

高校に上がっても
手を抜かずに
むしろ集中してやっているようです。

これから楽しみですね。

でも、その子も中学3年の時は
思うように得点できない時期がありました。

 

今、中学なら
英語でこういうことになっていませんか?

「中間、期末テストはいいけど
確認テストになると、できないなあ・・・」

普段、真面目にやっている子に多いんです。

理由ははっきりしています。

それは、教科書をいくら暗記しても・・・

確認テストや入試の英文は

・教科書本文とは違うテーマ、内容
・教科書本文より文章量多い

もし、手元に
ニューホライズンと確認テストや入試問題があるなら、
並べてみてください。

全然違いますよね。。。

 

教科書と違う文章問題に触れる

教科書は大事です。
それはそうなんだけど、、、

それだけでは

違う単語が出ただけで
違う構文に見えたり、
慣れない文章は読むのに時間がかかったりします。

一方で、
確認テストや長文に強い人は
何をやっているかというと・・・

ニューホライズン以外の英語の参考書・問題集や
NHKの基礎英語など、
教科書以外の英文に触れるようにしています。

 

英語は、数学などの学問ではなく、ただの言葉。
やった分だけレベルアップしていく教科です。

テストで思うようにいかないと
だれでも英語が嫌いになって
学習時間も少なくなってしまいますね。

でも、得点できようになれば
やる気にもつながって
英語学習が習慣になりやすくなります。

ぜひ、違う文章に触れるようにして
得点できるようになってほしいですね。

 

笠井伸春

追伸

お家の方から、
今、手元にこういう問題集があるけど
4月からもそれをやっていっていいのか、
という相談を受けました。

事務局に持ってきてもらえれば
本人に合っているか
他の参考書の方がいいのか
具体的にアドバイスします。

遠慮せずに、相談してほしいと思います。
何をやるかは大事なので。

はじめての方は、
初回のカウンセリングのときに
ご自宅でアドバイスもできます。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る