ブログ

2018.02.20

不登校生にも学習環境を

FROM 笠井伸春

o1428099614132626954

「不登校生でも見てもらえますか?」
という問い合わせをいただきました。

うちでは不登校生も
毎年数人のお申し込みをいただき、
学習指導をしています。

マンツーマンの家庭教師だと
生徒が自分のペースでできるので
やりやすいんですね。

人の目も気にしなくていい、
というメリットもあります。

 

なので
不登校生も生徒募集しています、と
あるメディアに掲載をお願いしたところ、、、

「負のイメージがあるので
その言葉は載せない方がいいのでは?」
とのこと・・・

そうなのかな?

 

たしかに
不登校というと

いじめや友だちや先生との人間関係など
負のイメージがあるんでしょう。

だから見ないように
ふたをしようとする心理でしょうか。

でも、
不登校生も
学びたいと思っている子は大勢います。

 

複数の小学校・中学校の先生から
聞くことですが、

福井県の発表以上に
不登校生の人数は多い、と。

教室で授業は受けないけど
相談室に午前中だけ登校している子は多いんですが、
その人数がカウントされていないこともあるでしょう。

相談室でも
学習できればいいんですが、
問題があります。

相談室にはしっかり指導できる先生が
少ない、ということです。

だから、
塾でも家庭教師でもいいんですが、

正しく指導できる先生のいる
教室以外での学習環境が必要な子が
大勢いると感じています。

 

じゃあ、
正しく指導できる先生が
関わって実際どうなっているかですが、、、

最近では

小学校から不登校、
ほぼ勉強の習慣がなかった中学2年生。

当然、テストは得点できず。

でも、家庭教師をはじめて
学習習慣が身につき、

半年で200点を超えました。

他にも
学校平均を超えている子もいます。

マンツーマンだと
その子に合わせて必要なところだけを
教えていけばいいので

集団授業で50分の内容を15分くらいで
できてしまうイメージです。
理解の早い子はもっと短縮できます。

(他の生徒の理解の待ち時間がないので)

 

特殊な例だと、うちの生徒ではないですが、
学校に行かずに450点付近の中学生もいます。

教科書・参考書を自力で
進められるタイプなんですね。

彼が不登校になった理由は
「学校の授業が退屈すぎて耐えられなかった」とのこと・・・

不登校生の親の心配とあせりは
尋常ではないでしょう。

でも、そういう生徒を見ると

不登校ってそこまで悪いことなのかな、
充分逆転のチャンスはあるし、
今は本人にとって必要な充電期間ではないか、とも思えてきます。

不登校の理由は人によりけりですが、
どんな子にも学習するチャンスは与えてあげたいですね。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸

今学校に行っていなくても、今の学力がどうとか
一切気にすることはありません。
やる気があるなら精一杯応援したいと思います。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る