ブログ

2017.12.01

ご質問いただきました

FROM 笠井伸春

o1404098414082060537

昨日は、この時期から家庭教師をはじめる
という受験生の話をしました。

その中で質問を3ついただいたので
検討している方に向けてシェアして思います。

Q1
もし派遣をお願いする場合、
高校受験が目標ですので3か月間だけでいいのですが、
契約期間とか、解約の場合の違約金などありますか?

A1
違約金などはありません。
終了時期ですが、高校入試または進路が決まるまでで大丈夫です。

→もし、急にやめることになっても
違約金などはないです。

高校入試が目的なら進路が決まるまで
できるだけ生徒に合わせるようにしてます。

 

Q2
週に1回の利用を考えていますが、
あとの6日間の自主学習の指導はできますか?

A2
もちろん、自主学習のアドバイス・サポートをいたします。

→家庭教師が週1回2時間として
これだけでは急には上がらないです。

なんでもそうですね。

たとえば、
野球をうまくなりたいとして
週に2時間、質の高い指導を受けたとしても

残りの日に何もしなければ、、、
まあ、上達は遅いでしょう。

僕らの役目は
成績を上げること。

残りの6日間に何をしたら良いのか、
生徒に伝えて実践できるようにフォローしてます。

演習量と学力は比例するので。

 

Q3
1,2年後にまた家庭教師をお願いしたいときは、
改めて入会にする必要がありますか?

A3
入会費は一つのご家庭に一生に一度だけです。
終了する場合も退会ではなく休止ということになるので
再開するときに別に費用はかかりません。

→ 高校で再開する生徒さんも多いです。
下のお子さんがはじめるときも
入会費はいりません。

あと、残り期間が2ヶ月以内の場合は
入会費は半額です。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸

受験生にとって今は
応用力、実践力をつける時期ですね。

もし、
アウトプットの精度を高めたい
要領よく答案を書けるようにしたい
実力を最大限に出せるためのアドバイスがほしい

というなら力になれるので
ぜひご相談ください。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る