ブログ

2017.11.29

間違った受験勉強

FROM 笠井伸春

o1434107014079957919

オアシス丸山教室より

最近、雨が続いてましたが、
昨日はすかっと晴れましたね。(11月28日)

うちは家庭教師なので
ほとんどの生徒が
自宅で指導を受けています。

でも、各種講座や
教室の方が集中できるとか

自宅では勉強しづらいという生徒は
教室でマンツーマン指導を受けることもできます。

で、いよいよもう12月に入りますが、

この時期からの受験生がやりがちな
間違った勉強法があるので伝えたいと思います。

次の4つ、
どれかに当てはまっていたら要注意、、、

 

間違い1
「塾に通う時間がもったいないので、自宅でやります」
「もう時間がないので、家庭教師はやめて自分でやります」

焦る気持ちはわかります。

でも、
これまで塾や家庭教師を軸に勉強してきた場合、
通ったり習う時間に生活にメリハリとリズムが合ったはず。

生活のリズムを変えるのは
学習効率を下げるリスクが高い。

途中から「自分でやります」で
伸びた生徒をほとんど知りません。

なぜそうなるかというと、
学習効率を上げるためには
メリハリとリズムが必要だから。

通う時間もスキマ時間として
ちょっとした暗記物や耳勉すれば
時間の無駄にはならないですね。

 

間違い2
「苦手教科を全力でやってます」

苦手な教科や単元をやらなくっちゃと思うのは当然。

でも、そればかりで
やらなくなる教科ができると
実力は下がってしまう・・・

短い時間で大丈夫なので
毎日全教科に触れるようにするといいですね。

「苦手な教科に集中して
英語をやらない期間があったんですが、
テストで全然できなくなって焦りました」

とは、1浪で医大に入った学生講師の話。

 

間違い3
「基礎はだいたい大丈夫なので、難しい問題だけどんどんやってます」

人間は時間を空けると忘れていきます。
あの時はできたことも、、、

何度も聞いたことがあると思いますが、
基礎的なことの反復が大事です。

どんどんやるのはいいんですが、
復習しないで先に進んでいると
前にやったことが身にならないです。

これってもったいないですよね。

医大生やプロ講師とよく話しますが、
彼ら・彼女らが口をそろえて言うのが

「大事なのは、基礎の復習と繰り返し」

 

間違い4(大学受験)
「センター試験対策を中心にやってます」

もちろん、センター対策は必要ですが、
そればかりをやっていると大学の個別の試験の対策が間に合わない・・・

センターやりつつ、記述問題もこなすこと。
やっぱり、バランスですね。

以上、何か参考になれば幸いです。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る