ブログ

2017.11.24

福井中学合格

FROM 笠井伸春

o0706047013697045382

(写真はイメージ)

「先生、合格しました」と電話。

僕が担当した生徒で中学受験生。
本人からの電話でした。

よかった。うれしいです。

それで、指導で何をやっていたかというと
算数と国語、作文、面接のトレーニングの
徹底反復です。

 

いかに生徒を伸ばすか?

どうやって伸ばすか、ということですが
「わかる」から「できる」までを徹底すること。
ここが全教科で肝心なところです。

もし、勉強しているわりに
伸びないなあ、と感じているなら、

「わかった」の段階で次にいってしまい、
「できる」までやっていない可能性が高いです。

スポーツでも
徹底反復しますよね。

イチローは誰よりも
素振りをしていたと聞いたことがあります。

 

1度理解したり覚えたことは
数回に分けて演習するリズムをつくると
かなり変わってきますよ。

ただ、これを自分1人で計画して
継続できる、という子は少数派でしょう。

塾でチェックされるとか、
週に1回家庭教師が来る、とか
良い意味での強制力がある環境にいるといいですね。

家庭教師だと、
自宅での学習環境もわかるので
ひとり一人に合わせたやり方をアドバイスして
サポートすることができます。

中学2年生までに
自分の学習スタイルを作っておけば
スムーズに受験勉強に入っていけますよ。

もし、がんばっている割に
伸びないと感じているなら
一度相談ください。

一緒に最善策を考えますよ。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る