ブログ

2017.11.08

カニ解禁

FROM 笠井伸春

o1214086814065175203

カニが解禁になったそうで、
僕が担当しているご家庭からいただきました。
お気持ちがうれしいです。

さて、その生徒ですが
今月、中学受験します。

2ヶ月前、家庭教師をはじめる前は
読み書き計算に苦手意識がありました。

入試問題をやっても
半分もできなかったんですが
2ヶ月後の今は合格圏に入ってきたと思います。

今も苦手意識は残るものの、
以前よりは楽しくなってきたようで
学校の授業中も手をあげるようになったそうです。

ところで、
お子さんは意欲的に勉強していますか?それともつらそうですか?

 

先週、面談のときにある中学生からこう聞かれました。

「どうやったら楽しく勉強できますか?」

英検をとらないといけない
藤島高校に入るためにはもっと得点しないといけない
・・・

勉強がつらい様子でした。

何をするにも
「○○しないといけない」
という動機でやっているうちは楽しくないですよね。

楽しくない、つらい状態でやっても
なかなか効果的な学習はできないです。

 

たしかに、受験は大変なこともあります。
(だから成長できるんですが)

「勉強は楽しいです」
と答える生徒はまれでしょう。

でも、学ぶこと自体は
本来は人にとって「快」だと
僕は信じています。

それに楽しいと感じながら進めれば
意欲的に取り組めるので伸びますよ。

もし、今つらくて楽しいとは思えないなら、
まず苦痛ではない状態までにすること。

勉強を楽しくやるためには
自分で工夫してみると良いです。

たとえば・・・

 

ゲーム感覚でやる

明日まで20個覚えろと言われたからやる、では嫌かもしれないですね。
でも、テレビのクイズ番組だと楽しく見ますよね?
ゲームだからです。

だから、ゲーム感覚でやると
楽しく進められる、という子も多いです。

経験値を積んでいってレベルを上げて
20個パーフェクト=ラスボスに挑戦する、
みたいにロールプレイングゲーム感覚で。

また、自分より少し上のクラスメイトを
次の目標にするとか。

楽しくやれそうな設定を
自分で作ってみると面白いですね。

 

自分の成長を感じながらやる

理解できないことがあって
不安になっていたり、
イライラしていたり、
自信がなくなっていたり
・・・

そういう子に僕らは勉強を教えています。

で、「ああ、そういうことか!わかった!」
というとき、目が輝くんですよね。

わかった!というのは
自分もできる、という自信につながる。
それが次のモチベーションの元になります。

 

勉強は人生を豊かにする

以前、イヤイヤ勉強してるなーという子に
「何のために勉強するの?」と聞いたところ・・・

「良い学校に行って、良い会社に入るため」
という答えが返ってきました。

何というか、大丈夫か?と思いましたが、
まあ周りの人にすり込まれていたようです。

そんなつまらないことだけが理由じゃ
やる気になれませんね。

もちろん、進みたい道があるなら
行きたい学校に合格する、というのは大きな目標でしょう。

 

でも、なぜ勉強するか?に
一言で答えるなら、
「人生を豊かにするため」
だと。

そもそも「知る」ということで
自分の世界が広がるし、
自分で考えるための土台にもなる。

勉強は○○しないといけないから
やるのでではなく、
自分の可能性を広げるすばらいことだと
感じてほしいですね。

楽しくやるための工夫や
考え方を見つけられていますか?

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る