ブログ

2017.10.16

オアシスの指導方針

FROM 笠井伸春

o2226151214047262278

「ホームページを拝見して
教育方針に共感したので・・・」

面接させていただいたベテランの
元中学校の先生からのいただいた言葉。

この先生は生徒のカウンセリングも
長年やっていたということで

ある中学では
不登校生へのサポートにも取り組み、
不登校生が半分に減ったという実績もあります。

あるコミュニティでは有名な先生です。

 

先生との話で意見が合ったのは、

「中学のときは周りが心配していたあの子も
今では社会人として活躍しているという話を聞くとうれしいですね。
最終的には自主自立の支援がしたい」
ということ。

この先生は大先輩で
いろいろな教師仲間を見てきたということで

「ただ教え込むだけで
その後の生徒の成長を考えていない塾・家庭教師が多い」
という話もありました。

 

そんな中でオアシスの方針は

1. 自信をつける
2. 将来の選択肢を広げる
3. 自分で考える力をつける

このサポートをすることだということを知って
応募していただいた、ということ。

もし、塾・家庭教師の仕事が
生徒を合格させることだけだとしたら
僕もここまで本気でやっていません。

卒業してからの方が長い人生。
定期テストで何点取ったとしても
それ自体に何か意味があるかといえば、ないですね。

「あの期末テストで100点とれた」ということが
社会に出てから何かの役に立つことはないですから。

じゃなくて、
勉強のやり方を身につけたり、
やればできる感を実体験をもって持つことの方が
将来的に大きな意味があります。

 

昔は1クラス40名以上だったのが、
30名くらいまでに減ったとは言え
ついていけない子は置いてけぼりになってしまっているのが現状。

特に数学や英語など
積み上げの教科は
一度つまづくとついていけなくなります。

一生懸命授業に出ていても
ちんぷんかんぷんな授業を受けていては
つまらないし、つらいですね。

やる気になれというのが無理な話。

マンツーマンなら
ひとり一人に合わせたフォローができます。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸
もし、つまづいているかな、と感じているなら
お早めに相談ください。

今なら、武生、南条などでも
お近くのオアシスの家庭教師を紹介できます。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る