ブログ

2017.08.10

数学が本当に苦手です・・・克服する方法

FROM 笠井伸春

o1240077513995977734
(引用:http://users.wpi.edu/~jta/math.html)

先日、お電話でご相談いただきました。

—–

理系科目、特に数学が苦手で
中1後半から難しくなったようです。

高校受験は他の教科でカバーして
総合点で○○高校特進に合格しました。

中学生の積み残しもあり、
高校数学が理解できず、
先生に聞くのも難しいようです。

——

 

暗記科目で得点して
進学校に進んだけど
高校数学で苦しんでいる

という子は
割合としては文系の女の子に多いです。

多分、次のような負のスパイラルに
おちいっていませんか?

授業について行けない
   ↓
解けない
   ↓
おもしろくない
   ↓
勉強しなくなる

苦手な数学を克服するには
次のスパイラルにもっていくこと。

できなくても、できるまでやってみる(←ここが大事)
   ↓
解ける
   ↓
おもしろい or 苦ではなくなる
   ↓
またやるようになる
   ↓
理解できるようになる

 

先日も
「高校2年まで数学が本当に苦手で・・・
でも、なんとかセンターでは8割とれるようになりました」

という医大生がいました。

どうやって克服したのか?
その大学生に聞いてみても
他の克服した大学生に聞いてみても
答えはだいたい同じです。

それは・・・

できるまで繰り返しました。
1冊の問題集をできるまで何周もしました」

できるまでやる、というと
え~やだな、と思うかもしれないですね。

根気もいるし
できない問題が多いと我慢する気持ちも要るでしょう。

でも、結局のところ
できるまで繰り返す
これが最強の克服方法です。

 

以前、
「私は数学は何回やってもできない」
が口ぐせの進学クラスの子を教えていたことがあります。

公式の利用の仕方や
『・・・となり不適』など答案の書き方も
さっぱり、という様子。

サクシード(4TEPだったか)という
問題集があるんですが、
2割くらいしかできなかったです。

でも、A問題を繰り返すことを徹底していったところ
1冊の8割くらいはできるようになりました。

できるまで繰り返した回数は
だいたいは5回まで。
一番かかった問題で7回くらい。

ちなみに
問題集を通してやるとき
2週目以降はできなかった問題だけでやるようにすると効率的です。

 

あと、数学が苦手、という子に
学校の授業を受けるときのコツがあります。

軽く予習すること。

家では宿題も多くて予習する時間がないというときは
授業前の休み時間でOK

10分でも先に目を通すことで
授業での理解度が違ってきますよ。

それでも理解できないところは
友だち、先生、家庭教師に
必ず聞くこと。

すぐには変わりません。
わからないことが多すぎて進んでいる感じがしないかもしれない。
でも、3ヶ月我慢して続けてみてください。
必ず克服できます。

勉強はつらいこともありますが、
我慢して克服するという経験も
将来役に立つと思います。

これからです。がんばってほしいですね。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること

15

一覧に戻る