ブログ

2017.07.10

「合格点に足りず、不安で勉強に手がつきません・・・」

FROM 笠井伸春

o0722040613976314860

(イメージ出典: http://www.everydayhealth.com)

「志望校の目標点に足りない状況で、不安で勉強に手がつかない」
という子がいました・・・

親御さんも動揺して
不安を増幅している様子。

まだ夏休み前なんだから
大きく伸びる時間はあるよ、とも感じますが、
お気持ちはわかります。

受験で不安をまったく感じない、
という人はいないでしょうから。

ただ、やはり思うのは
不安を感じすぎて
止まっている時間がもったいない。

その時間を使って
今日できることに集中していくことで合格に近づいていきます。

 

難関校に合格した子へのあるアンケートがあります。

「合格の秘訣は?」
という質問に多かった答えは・・・

「常に自信を失わないこと」
「自分が合格すると信じること」

また、アンケートをとった方の感想では

「親御さんたちは、
子どもを信じて見守るタイプの方が多かったように思った」と。

 

やはり、努力を続けている人をみると
「オレはできる」と心のどこかで感じているような人が多いですね。

逆に、復習などやるべき行動が少ない人は
「私バカだから・・・」とか
自分を低く評価している人が多い。

いやいや、能力の差じゃなくて、
行動習慣の差ですから。

自分はできる、と思っている人
自分にはできない、と思っている人

もしかしたら、どちらも勘違いかもしれない。
でも、できると思っている方が
行動するので、うまくいく確率は上がりますね。

 

できると思うにせよ、できないと思うにせよ、そのとおりになる。

ヘンリー・フォード
(フォード・モーターの創設者)

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸
とはいえ、希望を持ち続けるのは大変なこと。
もし、学習コーチが必要なら僕らを頼ってほしいと思います。
メンタル面のサポートもしています。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る