ブログ

2017.06.28

好奇心は人を成長させる最大のエネルギー源だby福山雅治

FROM 笠井伸春

o0640042713968922655

休日、「真夏の方程式」という映画を見ました。

福山雅治主演のちょっと前の作品。
主人公は物理学者。

博士はある小学生と出会いますが、
この少年は勉強嫌い。

「理科なんか勉強する意味あるの?
化学記号とか僕には関係ないし」

そう言う少年に、
博士が言ったのは・・・

「好奇心は人を成長させる最大のエネルギー源だ 」

このあと、理科のおもしろい実験を体験させて
少年は理科に興味を持っていくことになります。
(映画のジャンル的にはサスペンスっぽいんですが)

 

好奇心や興味をもって
取り組めるかどうかがすべてだなあ、と。

これってどういうことなのかな、
という純粋な興味を持っている人がする学習と、

テストでいい点とらないと怒られるから、
と仕方なくやる学習とでは
吸収力が違いますね。

いい点とらないと怒られるからやる、
というマインドのままだと
将来仕事についても
やらないと生きていけないから仕方なく働く
ということになるように思います。

勉強に興味と楽しみを持っている人は
将来、仕事も興味と楽しみを持ってやろうと感じるでしょう。

成長のスピードが違いますね。

もちろん、受験勉強となると
好きじゃない教科もやらないといけないし、
競争ですから大変なこともあるでしょう。
(仕事もそうですね。大変なこともありますが、それ以上にやりがいがあるものです)

 

それでも楽しみながら学んでいけるかどうか。

これをがんばっていくと
自分の将来どうなるか、
という好奇心や楽しみでもいいですね。

大学生でも、
大学は遊ぶところ、と思っている学生も多い一方で、
将来のスキルアップに自分磨きを続けている大学生も多いです。

やはり、自分の根底に
好奇心があるかどうかで
全然違う人生になると感じました。

僕らとしては、退屈な授業をするんじゃなくて
好奇心を持てるように
教えたり、支えたりすることだな、と。

お子さんは好奇心を持って取り組んでいますか?

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る