ブログ

2017.04.14

胃腸風邪

FROM 笠井伸春

o2092113613912107741
自宅より。

(今日はノーコンテンツです・・・)

小学生の娘が胃腸風邪にかかり、
家で休養中です。

学校から迎えに来てと連絡があり、
保健室で、はじめて
担任の先生に会いました。
クラス替えがあったばかりなので。

少し話しましたが、
面倒見が良さそうで
良い先生だな、と。
オアシスの家庭教師に来てくれたら・・・(笑)
その後、念のため病院へ。

大したことはなさそうですが
二日休むことになりました。

予定をずらせたので、
僕が看病することに。

学校の授業を受けられないので
体調をみながら
進んだ分の算数だけでも教えておこうかな、と。

 

笠井さんは自分で
勉強教えられるからいいですね、
と言われることがありますが・・・

普段は、妻の方が勉強みてます。
多分、あなたのご家庭も同じではないでしょうか。

「身内だと感情的になってしまう」
「甘えてきて授業にならない」
そういうよくある理由ですね。

小6か中1くらいになったら
妻が教えるのもなかなか難しいだろうし、
大学生かプロ講師に頼もうかと思ってます。

オアシスでは
学校の先生のご子息の依頼も結構ありますが
そういうことでしょう。

自分で教えてうまくいく人もいることはいますが、
師弟関係は第三者の方がスムーズにいくことが多いですね。

 

共働きで勉強をみる時間がない
感情的になってしまう
反抗期で話を聞かない

そういう悩みはないですか?
もし、そうなら
僕らを頼ってもらえればと思います。

季節の変わり目、
体調には気をつけていきましょう。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る